アリンコさんの、涙のスパイス入れ

こんにちは。実行委員の各務です。


先日、ワークショップで出店してくださる

子ども美術アリンコさんへ、

打ち合わせ&練習をしにお伺いしました。


アリンコさんのワークショップの中の一つ

「涙のスパイス入れ」作り





....とは、なんぞや?

答えは、涙ドロップの形をしたかご。

摘んだハーブやスパイスを引っ掛けておくのに、ちょうどいい!のです。


アリンコさんの近くの森へ、アリンコのRiさんと実行委員スタッフでツルを取りに行き、

そこから制作スタート!


流石のRiさん。テキパキ、ちゃっちゃとこしらえていきます。

手ほどきを受けながら、我らメンバーもせっせと編んでいきます。

太いツル、細いツル、茶色のツル、緑色のツル。色々あります。

その中から、感覚で選んで編んでいきます。

自然のものだから、同じものは一つもありません。

生きてたものだから、こっちの思うようにも編めません(笑)

黙々、黙って編むこと約1時間。

出来上がったのは、この世に一つの私だけのスパイス入れ!


この涙のスパイス入れ、

庭や道で摘んできたお花を引っ掛けても素敵かも!


涙のスパイス入れは、くらしのしるべ11/23(金・祝)での

子ども美術アリンコさんでのワークショップで作れます。

当日は、曽木で調達したツルで作る予定です。


アリンコさんは他にも、大工アート、卵の雪だるま作りなど

やってくださいます。気になった方、ぜひ遊びに来てください!


子ども美術アリンコ

タッタカター!ピピラッピー!のワークショップ

2018年11月23日(金)10:00〜16:00   一回 200円

自然の中でゆっくりと子どもたちを育てる

さぁ!子ども美術アリンコの幕開けです!

大工アート・涙のスパイス入れ・卵の雪だるま






曽木 くらしのしるべ

2018年11月23日(祝)24日(土)に 土岐市曽木町で行われる新しいスタイルのクラフトフェア 「曽木 くらしのしるべ」の情報ページです。