実行委員紹介 No.03・曽木育ちの加藤です。

宿題そっちのけで年中釣りに明け暮れ、春は山菜採り、秋はキノコ採り。勉強嫌いで学校より遊びに夢中でしたが、廃校になり、草で覆われた学校は寂しいものです。

そんな時に妻との「廃校になった旧曽木小学校で何か出来ないかな?」から広がって、広がった。



加藤俊


土岐市曽木町在住

職業、陶芸家

埋蔵文化センターで発掘調査や遺物の実測などのバイトをしながら作陶中

シンプルで飽きのこない、使いやすい、その中に優しさを感じられる器を作りたいと思っています。

年に二回、春と秋に薪の窯(穴窯)を焼いてます。

曽木 くらしのしるべ

2018年11月23日(祝)24日(土)に 土岐市曽木町で行われる新しいスタイルのクラフトフェア 「曽木 くらしのしるべ」の情報ページです。